豊丘時竹の続続「平素の戯言」

エッセイでもコラムでも随筆でもなく、ミセラニーです。

毎日がきつい

だんだんに起きているのが、きつくなってきた。いやそうではない。寝ている状態から起きるのがきつくなってきたのである。起きて動いたり机に座ったりしているのはなんということはない。まあ、それでも私が誰かに守られているらしいということは分かってい…

まだまだ冬真っ盛り

六時半に起きた。薄暗い。大寒はまだだが、小寒である。寒さもきつい。やはり冬真っ盛りである。(06:45) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 最大の安全保障はアメリカからの独立 https://www.ohtan.net/report/pdf/ohtan-blogtitle.pdf リフレーン2 日本…

再度、年賀を失礼しますのお知らせ

ちらっと見たら、来年からお年賀状を失礼します、との年賀状が目に入った。よく分かる。私もかなり辛くなってきた。その人のお年賀にはそのかたの年齢が書かれていた。参考にさせていただきます。(11:15) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 最大の安全保…

クレアチニンについて

大きな誤解をしていた。フェブリクはクレアチニンを下げる薬だと今日まで思っていたのだが、医院でお聞きした情報では、尿酸を下げる薬だった。ウェブで調べたらクレアチニンを下げる薬は現在は無い、とあった。どうやら内蔵強化運動を実施する必要がありそ…

雪の庭

二階の窓から撮った隣の庭の今朝の様子である。(07:10) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 最大の安全保障はアメリカからの独立 https://www.ohtan.net/report/pdf/ohtan-blogtitle.pdf リフレーン2 日本と中国をいつまでも仲違いさせておくことは全欧…

年賀を失礼しますのお知らせ

ちらっと見たら、来年からお年賀状を失礼します、との年賀状が目に入った。よく分かる。私もかなり辛くなってきた。(09:59) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 最大の安全保障はアメリカからの独立 https://www.ohtan.net/report/pdf/ohtan-blogtitle.pd…

日がたつのは速い

もう六日である。日がたつのは本当に速い。向かっているのである。(01:14) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 最大の安全保障はアメリカからの独立 https://www.ohtan.net/report/pdf/ohtan-blogtitle.pdf リフレーン2 日本と中国をいつまでも仲違いさ…

まだ暗い

朝だがまだ暗い。まだまだ冬真っ盛りといった感じである。(06:30) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 最大の安全保障はアメリカからの独立 https://www.ohtan.net/report/pdf/ohtan-blogtitle.pdf リフレーン2 日本と中国をいつまでも仲違いさせておく…

会食和やかに執り行われた

いい大晦日である。(17:28) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 最大の安全保障はアメリカからの独立 https://www.ohtan.net/report/pdf/ohtan-blogtitle.pdf リフレーン2 日本と中国をいつまでも仲違いさせておくことは全欧米諸国の、ここ百年の基本戦…

大晦日

ニ〇ニ一年の大晦日である。どうやら今年も生き延びられそうである。あと何回、新年を迎えられようか。(10:59) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 最大の安全保障はアメリカからの独立 https://www.ohtan.net/report/pdf/ohtan-blogtitle.pdf リフレーン…

年賀状投函

ようやく本日、年賀状を投函した。今年はクリスマスカードは早くに投函したが、年賀状は今日になってしまった。元旦には届かないかも知れない。つぎはもっと上手い段取りで年末を送るぞ。(22:50) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 最大の安全保障はアメ…

今朝はすでに疲れた

ちょっと疲れてしまった。(10:06) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 最大の安全保障はアメリカからの独立 https://www.ohtan.net/report/pdf/ohtan-blogtitle.pdf リフレーン2 日本と中国をいつまでも仲違いさせておくことは全欧米諸国の、ここ百年の…

年賀状で気が張ってたせいだ

書斎の電灯を点けたまま寝てしまった。朝起きて気が付いた。(06:58) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 最大の安全保障はアメリカからの独立 https://www.ohtan.net/report/pdf/ohtan-blogtitle.pdf リフレーン2 日本と中国をいつまでも仲違いさせてお…

今日ようやく年賀状の文章を印刷した

今年は遅れてしまった。26日に住所ラベルの印刷で、27日に投函することになった。(00:14) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 最大の安全保障はアメリカからの独立 https://www.ohtan.net/report/pdf/ohtan-blogtitle.pdf リフレーン2 日本と中国をいつ…

今日ようやく年賀状の準備開始した

住所ラベルを購入してきた。(22:55) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 最大の安全保障はアメリカからの独立 https://www.ohtan.net/report/pdf/ohtan-blogtitle.pdf リフレーン2 日本と中国をいつまでも仲違いさせておくことは全欧米諸国の、ここ百年…

珍しく書く気になった

しばらく忘れていた。なんか少し書き残したくなった。特に意味があった訳ではない。気まぐれから書いた。(01:10) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 最大の安全保障はアメリカからの独立 https://www.ohtan.net/report/pdf/ohtan-blogtitle.pdf リフレー…

冬の朝日は暖かい❗

冬の朝日は暖かい。(07:05) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 最大の安全保障はアメリカからの独立 https://www.ohtan.net/report/pdf/ohtan-blogtitle.pdf リフレーン2 日本と中国をいつまでも仲違いさせておくことは全欧米諸国の、ここ百年の基本戦…

またまた眠れぬ夜

またこう書かなくてはならなくなった。今朝も眠れぬ夜の朝になってしまった。以下もまた同じであ夕食寝さえ止めればいいと分かっているのだから、なんとかしたい。毎回同じ感想である。(06:50) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 最大の安全保障はアメリ…

眠れぬ夜が週一ぐらいある

今朝も眠れぬ夜の朝になってしまった。ちょっと寒気があるが、これは気のせいに近いようにも思える。夕食寝さえ止めればいいと分かっているのだから、なんとかしたい。いつも眠れぬ夜の朝にはそう決心するのだが。(06:22) リフレーン1 防衛キャリア30年太田…

あれだけのことを言ったら

さぞ気分がよかったことであろう。だが、一方的に自分だけがいい気分になって終わりというできごとは、つくってはいけない、そう私は感じている。世の中はお互い様なのだから、相手にも多少の逃げ場を用意して差し上げるのが、日本人の処置方法だと私には思…

何もなければいいのだが

そうあってもらいたい、何も知らせが日本にきませんように、と祈念するばかりである。(22:48) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 最大の安全保障はアメリカからの独立 https://www.ohtan.net/report/pdf/ohtan-blogtitle.pdf リフレーン2 日本と中国を…

夕食寝してしまった

もう少しの辛坊である。そう思ったが、その場になると眠気に勝てず、本日もまた1900から2220まで夕食寝をしたのである。ひたすら反省あるのみだが、なかなか身体が言うこと聞いてくれない。(22:33) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 最大の安全保障はア…

少しずつ夕食寝をがまんできるように

なりつつある。もう少しの辛坊である。そうは言っても今の今、猛烈に眠い。ひたすら我慢我慢の難行苦行である。きつい。(20:55) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 最大の安全保障はアメリカからの独立 https://www.ohtan.net/report/pdf/ohtan-blogtitl…

不幸にならなきゃいいのだが

日本人がニューヨークで暮らすのは、大変だろう。ましてややんごとなきお方がどうやって生活できるのだろうか。(15:52) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 最大の安全保障はアメリカからの独立 https://www.ohtan.net/report/pdf/ohtan-blogtitle.pdf リ…

デフレ脱却は簡単

藤原正彦氏が11月7日付けの産經新聞紙上で、日本は通貨発行権があるから、日銀がお札を刷れば国債の償還も利払いもすんでしまい財政破綻することはない、と正しく解説してくれている。二十年ほど前、財務省自身がそう述べているとも書いている。この考えが広…

昨夜は早寝した

二時ごろ目が覚めてそれから風呂に入り五時に寝た。七時まで寝ていた。それでまあ快調に近い。(09:53) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 最大の安全保障はアメリカからの独立 https://www.ohtan.net/report/pdf/ohtan-blogtitle.pdf リフレーン2 日本…

今朝もまたこう書くのか

夕食寝を止めなければと。昨夜は十分眠たかったから熟睡できると思われたが、寝ついた時は意識が切れたが、それは一瞬だった。あとは朝の六時まで意識があった。やはり夕食寝を止めなければ寝つけないようだ。(06:13) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 …

夕食寝を止めなければ

日中、つねに眠い状態で過ごさなくてはならない。何とか夕食寝を堪える癖をつけなくては、いい物書きになれない。少し夕食後辛坊せよ。(08:34) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 最大の安全保障はアメリカからの独立 https://www.ohtan.net/report/pdf/…

階段の上り降りがきつくなった

最近は筋力が衰えたようだ。特に大腿骨の筋肉が衰えたようで、階段の上り降りがきつく感じる。家の中でのことでそれだから、駅の上り階段などの長い階段はさらに堪える。歳のせいだと言えばそれまでだが。(11:24) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 最大…

今朝は女房の方が早かった

私が起きたとき、すでに隣には居なかった。自分の書斎にしついる部屋で勉強中だった。(06:33) リフレーン1 防衛キャリア30年太田述正 最大の安全保障はアメリカからの独立 https://www.ohtan.net/report/pdf/ohtan-blogtitle.pdf リフレーン2 日本と中国を…